生活習慣病や成人病の原因になるのはどんなことか

ストレスの溜めすぎは危険です

生活習慣病のリスクになるだけでなく、強いストレスは身体や精神に支障をきたし健康を害するので大変厄介です。

ストレスになる原因を取り除くことが出来るのなら見直しも簡単なのですが、なかなか難しいというのが現状かもしれません。

ストレスが溜まると身体の循環が悪くなったりホルモンバランスが乱れてまずは不調を感じるようになります。
溜め込んだストレスを上手に発散する事が大切で、身体に良い方法を生活の中に取り入れるだけでも楽になるはずです。

例えば適度な運動をして身体をゆっくり動かしたり伸ばしたり、汗をじんわりかけるようなことを1日10分でも取り入れる事から始めるとストレス解消になり、生活習慣病の予防にもなります。

運動不足を解消する

適度な運動は身体の機能維持の為にも重要です。
日頃から適度な運動を取り入れることを心がけたいです。

運動不足は糖尿病や高血圧症、肥満や動脈硬化などを起こしやすくなると言われています。
重症化すれば脳梗塞、脳出血、心筋梗塞になる場合もありますか注意が必要です。
いきなり運動を生活に取り入れるとなると敷居が高いなと感じるなら、なるべくエレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使ったりするだけでも良いかもしれません。

運動不足解消に有効なのは有酸素運動だと言われています。
身体に負荷も少なく、手軽に始められるウォーキングもおすすめですし、身体に酸素を多く取り込めて、継続してできるものを選ぶと良いでしょう。
リフレッシュもできるので運動不足はストレス解消に繋がります。


この記事をシェアする