空室リスクを避ける|最新の不動産集客方法を活用するため知っておきたいこと
住宅模型

最新の不動産集客方法を活用するため知っておきたいこと

空室リスクを避ける

男女

将来を見据えた計画を

賃貸マンションやアパートの経営には空室リスクが付き物ですが、これを避ける手段のひとつが家賃保証です。契約期間中は管理会社に一定の手数料を支払う代わりに、もし空室ができても家賃収入を確保することができます。家賃の徴収や督促も管理会社が代行してくれるので、オーナーは入居者と交渉する必要がありません。家賃保証の契約期間は、長いときは30年以上になることもあります。ただし期間中ずっと同じ額ではなく、多くの場合は2年ごとに見直しが行なわれます。また修繕やリフォームが必要になったときは、オーナーの出費で施工するのが一般的です。契約を結ぶ際には、このような出費も計算に入れて経営計画を設定することが重要です。

初心者に人気

家賃保証システムは賃貸経営の初心者でも、難しい知識なしに利用できるため人気があります。管理会社への手数料を支払うので、利回りは下がってしまいますが、これはリスク回避のための経費と考えることができます。賃貸経営に慣れてきたら、すべて自力で経営することも可能ですが、家賃保証を利用する場合に比べればハイリスク・ハイリターンになると考えられます。家賃保証が付いていると、回収が確実に見込めるため、金融機関から融資を受けやすくなるとも言われています。上手に利用すれば安定した経営が期待できるでしょう。とはいえ何もしないでお金だけ出せば良いわけではなく、金融や賃貸経営に関するノウハウを身につけていくことも大切です。