らくらくアパート経営法|最新の不動産集客方法を活用するため知っておきたいこと
住宅模型

最新の不動産集客方法を活用するため知っておきたいこと

らくらくアパート経営法

住宅模型

プロに任せて効率化

アパートや賃貸マンション等の経営は、家賃という形で恒常的な収入が得られることから安定性の高い不動産投資として人気があります。その反面、賃貸経営は日常的な管理業務にかなりの手間を取られるという特徴を持っています。また、そもそも入居者がなければ家賃収入を得ることもできないので、入居率を上げるための経営努力も不断に必要です。ただ、最近はこうした管理業務や募集業務をすべてプロフェッショナルに一任し、一種の分業体制をとることで経営効率をアップさせる方法も普及しています。それが一括借り上げです。一括借り上げは、オーナーが物件の建設費用や修繕費用を負担し、専門事業者が運営責任を負担するという賃貸経営術です。オーナーには、管理業務の負担を軽減できるというメリットがあります。

家賃は毎月一定額を保証

一括借り上げによるアパート経営の流れはおおむね次の通りです。まず、オーナーは土地を取得し、アパートを建設します。売りアパートを利用することもできます。次に、オーナーは不動産管理会社にアパートをそっくり賃貸します。そして管理会社は個々の入居者にアパートの各室を転貸し、そこから収益を得ます。一括借り上げ方式を採用した場合、入居者の募集から個々の契約締結、家賃の収納、退去時の立会いに至るまでの一連の業務はすべて管理会社が行います。入居者に対する日常的な窓口になるのももちろん管理会社です。そしてオーナーには、入居率の変動に関わりなく毎月一定額の家賃収入が保証されます。つまり簡単に言えば、オーナーは「何もしなくてお金だけもらえる」身分になれるわけです。