安定した運営を行うために|最新の不動産集客方法を活用するため知っておきたいこと
住宅模型

最新の不動産集客方法を活用するため知っておきたいこと

安定した運営を行うために

集合住宅

管理業務を委託する

賃貸マンション経営を始める上では、円滑な運営を進めていくための物件管理が欠かせません。マンションの管理業務をオーナー側で全てこなすには、相当な経験と知識が必要とされるため、不動産管理会社に業務委託することが最善です。マンション経営においての管理業務は、入居者の募集やクレーム対応、家賃徴収などの、入居者管理が重要な要素になります。また、マンションのメンテナンスや部屋のリフォームなど、物件の管理業務も必須です。不動産管理会社への業務委託は様々な形があり、オーナーが求める管理業務を行ってもらうことができます。管理業務を委託する上で発生する手数料は、業務内容によって、家賃の3%から10%程が相場となっています。不動産管理会社によって、手数料やサービス内容は違ってくるので、内容を見比べながら契約先を選んでいきましょう。

サブリースという手段も

初めてのマンション経営となる場合は、ある程度手数料が発生しても、管理業務の対応範囲が広い委託サービスを利用することが得策です。知識としてマンション経営のノウハウを知っていたとしても、クレームや家賃の滞納などでは柔軟な対応が求められます。また、物件のメンテナンスも、適切なタイミングを見極めて行わなければなりません。初めてマンション経営を行うのであれば、入居者管理と物件管理を幅広く委託できる、管理サービスを利用すると良いでしょう。管理業務の委託においては、管理業務全てを任せることができる、サブリース方式を選択する手もあります。管理会社に物件を一括借り上げしてもらうサブリースであれば、業務全般を委託できるとともに、家賃収入も保証されているので、安心してマンション経営を始めることができます。