生活習慣病を予防するために必要なことは

成人病を予防する為に必要なこと

ストレスの多さと運動不足

成人病という病名はほとんどの方が知っていて馴染みも深いかもしれませんが、日本人の死因の多くは成人病が起因となっているのはご存知でしょうか。

日々何気なく取っている行動や習慣が、実は健康を害する行動で、それらが積み重なっていくと病気になったり命を危険にさらすこともあります。

成人病と言われても重篤な病気とイメージが繋がらないかもしれませんが、がん、糖尿病、心疾患、高血圧などの脳血管疾患などの総称です。
なぜ、これらの病気を成人病と呼ぶのかは、生活習慣を見直したり改善する事ができれば、自分自身で予防が出来る病気からです。

これからは、すぐに医者に頼るのではなく、まずは自分の健康は自分で守る時代になります。
自分の健康を守り、健康で生きていく為にも生活習慣を見直してみましょう。

心がけで改善しやすかったり、自覚しやすい健康に良くない生活習慣としては、過度の体への負担、バランスの乱れた食事、喫煙や飲酒の習慣などがあげられます。

忙しすぎると、睡眠不足、運動不足、食事の時間も不規則になり体への負担は募るばかりです。
血液や組織の循環も悪くなり、ホルモンバランスも乱れて不調を感じる人もいるでしょう。
あまり溜め込んでしまう前にリラックスを心がけたり適度な運動をするなどして固くなった心や身体を解放するのが健康の為にも理想です。

偏った食事や、過度の喫煙や飲酒は中毒性が高いので習慣になってしまっているほど減らしたり見直したりするのは難しいかもしれませんが、身体にかかる負担は大きく病気のリスクになってしまいます。

習慣化されたことを改善するのは大変な努力や気合いも必要になるかもしれませんが、できる事から改善していくことをおすすめしたいです。

生活習慣病や成人病の原因になるのはどんなことか

人の身体が健康でいようとする為にバランスを取ろうと頑張っています。 過度のストレスはバランスを取ろうとする働きを妨害してしまいます。 忙しくしていると休息もままならずストレスが増えるだけでなく、運動不足の要因にもなり身体の循環も悪くなっていきます。

アンバランスな食事

忙しかったりすると、食事は健康の維持を目的とするというよりも空腹が満たされれば良いだけのものになってしまいがちです。 そうなると味付けが濃いものなど、満足感が得られやすいものを多く摂取しやすくなります。 まずは理想的だと言われている栄養バランスについて知っておきましょう。

過度の喫煙や飲酒の習慣

喫煙や飲酒の習慣が健康を害するということは言われなくても知っているという人が殆どかと思います。 中毒性があるのが厄介で、身体に悪いので止めようとしているのに、なかなか止められないという人も多いかもしれません。 自分の意志だけで改善が難しい場合は医師に相談も手です。